天川クリニック内科  辻 葉子先生にお聞きしました

天川クリニック内科
土浦市天川1-28-12  029-822-0844
診療時間/8:30〜12:00 16:00〜17:30 休診日:水・日・祭日

【花粉症】

 記録的な暖冬で、インフルエンザのピークが2月中旬から3月の初めと遅くなり、逆に花粉症のシーズンはもう始まっています。花粉症の種類は多く、春はスギ、ヒノキ、マツ、ブナなど、秋はイネ、ブタクサ、ヨモギなどがあります。最も知られているのはスギの花粉症で、今回はそれについて知っておくべきことと、いくつかの御質問にお答えしようと思います。

・花粉症は:アレルギー反応です。花粉(抗原=アレルゲン)が鼻やのど、眼に入ってくると、からだはそれを排除しようとして免疫力が働き抗体を作ります。花粉(抗原)は抗体に結びつき、その結果、ヒスタミンなどの化学物質が分泌され、クシャミ、鼻水、涙などで花粉をできるだけ外に排除しようとします。アレルギー反応は人によって異なります。花粉を受け入れて抗体の出来ない人は反応は起こさず、抗体の免疫反応の強弱によっても、抗体(花粉)の多い少ないによっても、程度が違ってきます。

・予防と治療:免疫反応のくわしい説明は、複雑で難解なので、基本的に、抗体という鍵(かぎ)が抗体という鍵穴(かぎあな)に差し込まれるのを阻止する(先に鍵穴を防ぐ)、ヒスタミンなどの分泌を抑えることなどが予防と治療と考えてもよいでしょう。花粉が多量に飛ぶ前から、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤を服用すれば、症状は軽くてすみます。また花粉を通さないマスク、眼鏡の使用は欠かせません。症状が出てしまったら、内服に加え、抗アレルギー点鼻薬(噴霧式が多い)、点眼薬、症状が重い時にはステロイドの点鼻点眼薬を併用します。現在多くの抗アレルギー剤が開発されています。但し、強いストロイドの注射は奨(すす)められません。その時劇的に効いても、翌年には同じ症状がでる事と、ほかのホルモンの分泌を狂わせたり、その他さまざまな副作用が起こるからです。

「質問1」シソの実が良いと聞き、サプリメントを飲んでいましたが、効果がなくマスクとメガネが離せません。誰か教えて下さい!

「答」誇大な広告で、さまざまなサプリメントが売られ、信じて買う人が多いようです。正確なデータや、根拠のないものが殆どです。調べたところ、花粉症に「シソの実油」「シソの葉エキス」がありました。研究実績などは不明です。その他花粉症に効くというものが多いのに驚きました。「緑茶」「ハーブ」「ニンジン紅茶」「ニンニク」「ナットウエキス」「おから」などなど。「花粉を食べるだけで効く」なんていうのも。何かにすがりたい気持ちはわかりますが、宣伝文句につられて余計なお金を使わないことですね。

「質問2」花粉症の薬を飲んでいても、のどと耳がかゆくなるのはなぜですか?

「答」くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、眼の充血痒(かゆ)みなど典型的な症状が続くと、喉頭の異常感やかゆみ、声がすれ、咳などが高頻度でみられるようになります。耳のかゆみもアレルギーによるものと思われますが、外耳道の湿疹や耳垢(みみあか)のせいである可能性も否定出来ません。耳鼻科のかかりつけ医に診てもらってください。

「質問3」花粉症の症状を悪化させない為には、日頃の食生活で、どのように気をつけたらよろしいでしょうか?

「答」特に食べるべきもの、食べてはいけないものはありません。規則正しく、ビタミン、ミネラルなどもバランス良く組み入れた献立にしたらどうでしょうか。最後に:「日頃のこころがけは花粉を室内に持ち込まないこと」
*洗濯物や布団、カーペットなどを外に干さない*外出したら、家に入る前に衣服や持ち物の花粉を払い落とす
*帰宅後、すぐに、うがい、手洗いをし、眼や鼻を洗う花粉をシャワーで洗い流す
*室内のほこりを空気清浄器で吸い取る*まめに掃除機をかける
*外出する時は、マスク(メガネも)を忘れないなど、花粉の時期の常識を守りましょう。

[2007.1.10 up]


インフルエンザ

インフルエンザの予防接種は済みましたか? 
今年は、昨年からのノロウイルスの大流行と、鳥インフルエンザ発生 などのニュースがテレビや新聞で毎日のように報道され、年ごとに流行する人間のインフルエンザの情報が薄れてしまったようです。しかし1月中旬から土浦市内の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖などが報告されて、昨年より遅れているものの、流行のきざしがあります。

★インフルエンザの流行時期は

気温が低く乾燥した冬で、年によって違いはありますが、12月から3月、ピークは1月下旬から2月初旬に集中しています。ウイルスには大きく分けてA型とB型があり、特にA型は変異して世界的に大流行を起こすことがあります。今年は、記録的な暖冬で流行が足踏みしているようです。

★感染は飛沫感染です。

くしゃみやせきなどから直接、または空気中に出され浮遊しているウイルスを吸い込んで感染します。

★普通の風邪とはどう違うのでしょう。

急な発熱(高熱)が3〜4日続き、悪寒、頭痛、筋肉痛関節痛、倦怠感などが非常に強い。目の粘膜(結膜)や扁桃が充血する。鼻汁や鼻閉、咳などは後半に出てくる。肺炎、脳炎、脳症などの合併症を起こすことがある。普通のかぜの初期症状は、くしゃみ鼻水で、突然の高熱で始まる事はまれです。流行地域で、上記のような急激な症状が出たら、早めに医師の診断を受けましょう。

★迅速キット

インフルエンザか、A型かB型かの確定診断がつきます。鼻の一番奥の粘膜をこすった綿棒で行うのが、最も確実な方法とされています。ただ発病の1日目は陰性で2日目に陽性となる人もあり、翌日の再検査が必要ですが、症状から診て、インフルエンザの薬、A型B型両方に効くタミフルを服用、またはリレンザを吸入していただきます。そのほか、A型のみに有効なものは、シンメトレルです。それらに加え、熱、頭痛、咳痰の薬を服用しますが、これらは対症療法で、一部の解熱鎮痛剤には使えないものもあります。(特に子供−脳症との因果関係から)

★予防は、ワクチンの予防接種が基本です。

ワクチンが効果を表すのは、接種してから約二週間です。効果は約5か月続きます。流行期間が12月から3月なので、11月中旬から12月初旬に済ませるのが理想的です。小学生以下の子供は2回、中学生以上、大人は1回接種です。流行期の接種は、抗体価が上がる前に感染する可能性がありますが抗体価が上がってくれば症状が軽くなります。ワクチンを接種したのにかかってしまう人もいますが、少数で、軽く済むようです。

★自分でできる予報法 栄養に気を付け体力をつけておく。

適度な室温、湿度を保つ。手洗い、うがいの徹底とマスクをする。マスクは自分の予防だけではなく、他人への感染を防ぐ効果があります。できるだけ人混みをさける。特に子供は連れて行かない。

★感染後の登下校、出勤等の時期

インフルエンザにかかってから1週間は人に感染するウイルスが体内にいると考えられるので、症状がなくなっても、3〜4日は人前に出ないようにしましょう。そうすることで学校や 職場での拡がりを防ぐことができます。今年は、世界的な気候変動で、いろいろな感染症も例年通りではなく、 時期やタイプが変わってきています。自分の為、人の為、充分な抵抗力をつける努力をしましょう。

[2007.1.10 up]


【ノロウィルス感染症 あなたは大丈夫?】

 この冬、大流行している感染性胃腸炎の殆どが「ノロウイルス」によるものだと考えられています。症状は、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などで、保育園、幼稚園、学校、老人ホームなど集団生活をするところで感染が拡がりやすく、ホテルの宿泊客が百人単位で発症してテレビや新聞で報道されました。その感染ルートは、最初の人の吐いたあとを拭き取って消毒したにもかかわらず、ウイルスは生き残っていて空中に飛散、それが口の中に入ったことによるものと思われます。健康な人は比較的短期間で治りますが、抵抗力のない幼児やお年寄りでは重症化したり、吐いたものを気道につまらせて死亡することもあります。感染してから症状が出るまで24時間から48時間と早く、家族全員が次々と感染することも多いのです。ノロウイルスは手指や食品、汚染されたものにさわったことなどから経口感染します。

★予防対策はあるのでしょうか?

●食事の前やトイレの後には、必ず丹念に手を洗いましょう。
●下痢や嘔吐などの症状のある人は食品や食器にさわらぬよう、料理などしないこと。
●食器や調理器具は使用後、洗浄、加熱減菌しましょう。
●食べ物は充分加熱し、なまものは食べないこと(特に貝類には注意しましょう)
●症状のある人の吐いたものや糞便は適切に処置しましょう。(塩素系の消毒剤の使用が有効とされています)
●外出する時はマスクをしましょう。

★どんな治療法があるのでしょうか?

ノロウイルスに効く抗ウイルス剤はありませんから、下痢や嘔吐で失われる水分を補い、脱水症状を起こさないようにしましょう。吐き気止めの薬はありますが、下痢はすぐに止めても便の中にウイルスが残るので、下痢止めはなるべく飲まないほうがよいと言われます。しかし、あまりに頻回な下痢症状は身体を弱らせますので、医師の指導に従って整腸することが大切です。(その為の食事の指導もうけましょう)脱水症状がひどいときには輸液(点滴)が必要になります。 ノロウイルスは冬期感染性胃腸炎の代表ですが今年は例年になく感染が拡がっており、まだまだ終息する様子はありません。「うつらぬよう、 うつさぬよう」の心構えは必要です。間もなくインフルエンザの流行する時期にもなりますから。 

[2007.1.10 up]